とにかく短期間で毎日のようにトラブル起こしまくった彼氏の姉。



20141218113441-2937-313_raw




投稿者


中学からつきあってた、彼氏の姉が、私が社会人になったあたりで
発病して、妄想が止まらなくなった。

弟が目をそらした→彼女(私)が私を嫌うよう仕向けられたんだ→彼女憎い!
って妄想で、私の家に来て、ドア蹴って「出てこい!泥棒猫!」と叫ばれた。

うちの家族が連絡して、彼とその母親がひきとっていった。
私が見たのは、ボッコボコの玄関ドアと、ちぎられたみたいになった門。
彼もアザだらけになってた。
怖かったけど、彼は被害者だと思って、許した。

でも姉は病院つれていこうとしても、「自分は正常」と言い張って、治療拒否。
ああいう病院って、本人が治療拒否したら、どうしようもないらしいね。
姉はさらに妄想がひどくなり、「老後のためのお金がいる」とかで、
家の中のものを勝手に売り払いだしたらしい。

家のテレビや、彼の大事にしていたパソコンや楽器まで、
勝手に売られたと聞いた。
その後も、詐欺にだまされて借金作ったり、家出して、家から
飛行機の距離を「迎えにきて。お金なくなった」とやったり、
既婚男性とつきあったり、とにかく短期間で毎日のようにトラブル起こしまくった。
どんなに怒っても、「私は間違ったことしていない」と聞かない。

最初は彼と結婚したかったから、支える気だったけれど、
半年で3回ぐらい姉に憎まれて、4回目で車でひかれそうになったあたりで
限界がきて、怖くて引っ越して、彼ともそれっきり別れた。

精神的な疾患を持っている人って、色々あるんだろうけれども、
元のお姉さんは攻撃的じゃなかったから、
よけい思い出すとせつなくなる。





反応

  • 糖質こわ


  • 「この泥棒猫!」は現実で言われてみたい三大セリフのひとつだな。


  • ほんまにおるんかいそんな奴


  •  http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1379406170/ 


    コメントを投稿する

    「えげつない話」の新着記事

    23コメント

    この日のこの瞬間までいじめ倒されてきた私は最後まで許しませんでした

    1コメント

    友人「うちの旦那ちょっと困った人なんだよね♪」→

    1コメント

    交際1ヶ月目の記念日に彼がベトナム出身だということが判明

    0コメント

    意味不明な妄想から攻撃されてかなり怖い思いをした

    0コメント

    赤ちゃんが産まれてから、旦那がかまってちゃんに。

    えげつない話, 聞いて欲しい話」カテゴリの人気記事