私はこの家にはふさわしくない!と終始狂ったように怒っていた。



2624_3_150318060314256_700x


投稿者


昔婚約しかけた元彼家族との話だが投下

結婚の話をするために
元彼の実家にご挨拶に行ったのだが元彼の母(以下トメ)は
名門の長女だかでウトは入り婿。
なのでトメに意見できる人は誰一人いない様子だった。

トメは元彼にはどこぞのお嬢様だかと結婚してほしかったのに
どうして私のような貧乏人を連れてきたのか、
私はこの家にはふさわしくない!と終始狂ったように怒っていた。

その内怒りの矛先は私の家族に向けられた。
父は当時次の三月で定年の会社員、母はパート従業員、
姉は運輸会社の営業職、弟は一年浪人した地元の公立大学の四年生だったのだが
「貧乏人が年金や退職金なんて大して貰えないんじゃないの?」
「どうせ母親のパート代だけじゃ暮らせないから我が家にたかってきたんでしょ!」
「トラックの運転手なんて猿以下中卒の溜まり場じゃない!」
「名前も聞いたこともないような三流大学留年じゃ就職も無理よね!」
など暴言の嵐、その間元彼は何も言葉を発しない

それだけでなく実家で同居していた父方の祖母に関しても
トメ「この人が死ねば持参金の用意位は出来るわね」と言ってきやがった。

その時、隣で空気だったウトが
「嫁子さんのおばあさんが死ぬ必要ないよ、
トメが死ねばもっとうちに金が入るんだから」と爆弾発言

トメが「婿養子の分際で!」と発狂していると
すかさずウトは
「何が猿以下だ三流大学だ!
きちんとお勤めしているんだからすごいじゃないか!
大学の一浪なんて珍しい話でも何でもないし
公立大学を留年せずに卒業できたんだから十分だよ。
それにひきかえ元彼と言ったら海外留学と偽って六回も留年して
教授のお情けで卒業して家のつてでコネ入社。
まあ続いてるからいいとして
姉ちゃんは仕事も探さずジャニーズだ韓流だの・・・
あいつがつぎ込んだもの売った方がよっぽど金になるよ!」

以降ウトの暴露が続き、その後その男とは別れる事になった。

ウトのお陰で何だかスカっとした。
こんな問題抱えた男と結婚しなくて良かった。





反応

  • 身を挺して皆の未来を救ってくれたウト未満さんだけがGJ


  • 私ならその6年留年男捨ててウトさんと駆け落ち!


  • 留年6回は不可能な気が…
    大抵は5回目で放校だよ


  • 短期留学と称して休学をはさんだり、いろいろ小技があるよw


  • こ…小枝


  •  https://awabi.5ch.net/test/read.cgi/live/1381355130/ 


    コメントを投稿する

    「えげつない話」の新着記事

    9コメント

    この日のこの瞬間までいじめ倒されてきた私は最後まで許しませんでした

    1コメント

    友人「うちの旦那ちょっと困った人なんだよね♪」→

    0コメント

    交際1ヶ月目の記念日に彼がベトナム出身だということが判明

    0コメント

    意味不明な妄想から攻撃されてかなり怖い思いをした

    0コメント

    赤ちゃんが産まれてから、旦那がかまってちゃんに。

    えげつない話, 聞いて欲しい話」カテゴリの人気記事