女の話を進んで聞きたい男なんていないでしょう



dd944cfd361e107fea698158a47d6d54




投稿者


オッサンになると色々人の世話や仲介をする機会が増える。
部下が適齢期になってくる頃でもあり、仲人紛いの真似を2度ほどやった。
そうしたら次々似たような相談が舞い込むようになった。
大体は「仕事ばかりで出会いがない」という相談だ。

中にAという部下がいた。
彼女がいたことは無く、女関係は基本的に外注だと言う。
仕事ぶりは真面目で、融通がきかない方ではあるが
業務の流れを阻害する程ではない。

金遣いは質素だし、イケメンではないが普通程度の容姿。
年収は平均以上のはずだし、悪い条件ではないと思えた。
知人の知人のそのまた知人レベルの女性を紹介した。

しかし、駄目だった。
俺が「まあこういうのは縁だから」と慰めるとAは答えた。
「次はしゃべらない女性を紹介して下さい」
俺は紹介した女性がよほどのおしゃべりだったのか、と驚いた。

しかし違った。
Aは普通程度の会話もしたくないと言う。
「お仕事は何を」「事務員です」「ご兄弟は」「兄が一人」
とこれは良いらしい。情報の交換だからだ。
しかし「今ニュースで××の報道をしていますね。どう思いますか」
「天気がぐずついてきましたね。雨の日は何をなさってますか」
こういった雑談はしたくないとAは主張。

Aは「女の話を進んで聞きたい男なんていないでしょう」とキッパリ。
「女はすぐ『話し合い、話し合い』と言うが、
女と話し合いしたがる男などいないし
そういった勘違いを抱いている時点で、
女とは会話にならないと証明されている」
俺としては
「お前の主義主張はわかったが、希望通りの女を紹介するのは無理だ」
としか言えなかった。

結婚前から話し合いを拒否する男と結婚したがる女は、
余程の不良物件しか今時いないだろう。

しかもAは共働き希望だしで、
「フルタイムで働いている女はたいがい自分の意見を持っている。
しゃべらない女がいいなら条件を変えるか、手話を使う女を探せ」と、
最後のは冗談で付け加えた。

しかしA「障害者は論外です」
こりゃ駄目だと思った。

「もの食わぬ女房がいい」と言った男の落語があるが、
「もの言わぬ女房がいい」とはな。





反応

  • そこまで行くとなんかの障害でもありそうだね


  • もの言わぬもの食わぬ女房なら「あり」ますぜ旦那


  • フジタさんの紹介だと少しこわいな~


  •  http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1473079309/  


    コメントを投稿する

    「えげつない話」の新着記事

    8コメント

    この日のこの瞬間までいじめ倒されてきた私は最後まで許しませんでした

    1コメント

    友人「うちの旦那ちょっと困った人なんだよね♪」→

    0コメント

    交際1ヶ月目の記念日に彼がベトナム出身だということが判明

    0コメント

    意味不明な妄想から攻撃されてかなり怖い思いをした

    0コメント

    赤ちゃんが産まれてから、旦那がかまってちゃんに。

    えげつない話, 聞いて欲しい話」カテゴリの人気記事