original (2)



誰かがここまで怒り狂って暴れることになるなんて…



original (2)




投稿者


早生まれなんだけど、そのせいで昔から人と感覚が違うというか
高校の2月の卒業式は17歳だったし、成人式は19歳だったし、
妹とは西暦だと4年違いだけど学年は五学年違う

逆に旦那は西暦では二年旦那が先輩だけど学年は一個違い
早生まれなことで家族もよく私の年齢を間違えてた
家族「妹が今年21歳だからあんた26歳よね?」

私「妹が21なら、私は今年25だよ?」

家族「え?旦那くん今年27だったわよね?」

私「私、旦那より1年8ヶ月あとに生まれてるよ」

家族「あんたの年齢ややこしいのよ!」

こんな会話が頻発
私だけ年齢間違えられるという

そのせいか大学卒業してから自分が何歳か咄嗟にわからなくなって、
面倒だから正式な場で必要とか以外はずっと30歳と言ってた
そのうち30歳になるんだからいいよね、と

私は幼少の頃からやってた習い事を趣味としてまだ続けてるんだけど、
そこでも年齢を聞かれたら適当に30歳だと伝えてた
仲のいい人には「私、すぐ自分の年齢忘れちゃって」と話しており、
おばちゃんたちは「分かるわー私も永遠の20歳ですもの」と冗談を返されたりしてた

昨年から新たに門下生になった子持ちのAさん(当時28歳)がいるんだけど、
何かと年齢の近い私につっかかって来る人だった
Aさんも長年習っていてそれを趣味として続けているらしいんだけど、
私と同じで本格的に習っていたことから、なかなかの腕前だった
お互いコンクールにも出るから好敵手として意識してくれてるのかなと思ったけど、
どうやら違ったようで
「30なのに子供も作らないんですか」「子供いないから自分のことに時間とれますもんね」
「自分のことばっかりだと子供つくれませんよ」
「30過ぎたらどんどん障害の確率上がるのに」「30過ぎて自分の好きなことばっかりなんて」
と常々言われ、コンクールが近くなる度に言葉がきつくなっていった

育児で数年のブランクがあるせいか、
結果的にAさんが公の場で私の評価を上回ることがなかったから、
子供を産ませて排除できればという算段なんだろうなと薄々気づいてはいた

そして来年、30歳までのコンクールがあるので、それにAさんは出る予定なんだけど、
今年私が30だと信じていたAさんは勝ち誇ったように
「あなたは年齢で出られませんよね、私は出ますけど」と皆の前で言ってきた

まさか適当に年齢を誤魔化してたことがこんな風に響くとは思わず、
どう返答しようか迷っていると事情を知ってるおばちゃんたちが
「何言ってるの、出るわよ。この子あんたより何歳も年下よ」と
目を丸くして答えてしまった

そしたらAさん顔真っ赤にして怒り出した
「騙しやがって年増のクソババアが!」と叫んで
持ってたコーチのバックをブンブン振り回す

周りには高価なものもあるから、皆して必死に止めた
「ぶっ殺してやる」と不穏な言葉を残してAさん帰っていったよ

コンクールでの入賞はその後の人生にも関わってくることがあるから必死になるのはわかる
でも年齢誤魔化してたことで、誰かがここまで怒り狂って暴れることになるなんて
予想だにしなかった





反応

  • 趣味が何なのか分からないけどもし音楽コンクールとかなら
    高価な楽器の周りでヒスに暴れまわる女出場取消になってほしーという小物な考え
    子どもがいて趣味に没頭できるんだから自由に楽しめばいいものを

    ただおばちゃん曰く「ずっと年下」ってことは30歳までしばらくはあるということだから
    今後変な勘違いを避けるためにも自分の年齢に近い年を適当に言った方がいいかもね


  • ていうか自分の年がわからないって頭に何か問題あるんじゃ・・・

    だって生年がわかってりゃ小学生でもできる引き算で年がわかるでしょ
    暗算まったくできないの?
    それならやっぱり何かあるんじゃないかと思う


  • まあ確かに高校卒業式も17才だし成人式も19才だったから、
    いちいち早生まれだから学年は~って言うのめんどうで
    「30前です」とかアバウトに答えたりもしてたな。
    でも本当に三十路になったら卒業年度なんか誰も気にしてこないからフツーに答えてる。


  • 早生まれだけど誕生日が来るまでは
    「早生まれなので○歳ですが、○歳と同じ学年です」
    って答えるようにしてるわ。
    試行錯誤して、私の中ではこれが一番以降のやりとりがスムーズになる答え方だった。


  •  http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1474327100/  


    コメントを投稿する

    「えげつない話」の新着記事

    9コメント

    この日のこの瞬間までいじめ倒されてきた私は最後まで許しませんでした

    1コメント

    友人「うちの旦那ちょっと困った人なんだよね♪」→

    0コメント

    交際1ヶ月目の記念日に彼がベトナム出身だということが判明

    0コメント

    意味不明な妄想から攻撃されてかなり怖い思いをした

    0コメント

    赤ちゃんが産まれてから、旦那がかまってちゃんに。

    えげつない話, 聞いて欲しい話」カテゴリの人気記事