お前がそんな俺のことを許容しないのが悪い



1352_0_150508105452306_700x




投稿者


彼が「人に厳しく、自分に甘く」すぎて冷めた・・。

最初のうちは明らかな彼原因で喧嘩したときには、ちゃんと
「ごめん俺が悪かった」「大丈夫?」と非を認める人だったんだけど、
次第に屁理屈をこねだすようになってきた。

99%彼が悪くても、私に1%非があればそこを執拗に責める。
全く逆のことが起こった場合には「でもそれは・・」と演説が始まる。

・彼がうちのボックスティッシュを、職場で使いたいからと無断で
持ち帰った。最後の一箱だった。
→「いや、でも、(私の家は)すぐ隣がコンビニだから」

・私のぶんの食事やデザートに当たり前のように箸を伸ばしてきた。
→「いや、でも、お前食べるの遅いし」

・彼が転びかけてとっさに私の袖を掴み、肩口部分がちぎれた
→「いや、でも、もう夏だし(袖のある服はもう着ないでしょ、の意)」

・人ごみで彼に「真後ろから一歩ごと私のかかとを踏み続ける遊び」をされる。
「やめて」「本当に危ないから!」と何度言っても止めず、ついに靴が脱げる。
裸足の足を道路に着地させたとたん運悪く誰かに踏まれてかなりの出血。
どうしようもなくすぐにタクシーで帰った。
→「いや、でも、お前の足を踏んだのは俺じゃないし」

すぐ自分が必要以上(多分・・)に責められることもつらかったけど、
彼が同じかそれ以上に悪いことをした場合に、必ず「いや、でも・・」が
つくことに次第に冷めていった。

私が受けたダメージのことは
「確かにお前は痛かった“かもしれない”が・・」
「そりゃお前はそれで困った“かもしれない”けど」
など、絶対にそのまま認めようとしないことも嫌だった。
かも、じゃないくて、痛かったし困ったよ、と言うと無言になるだけ・・。

極めつけの冷め話は、その彼の性格で喧嘩になった際、
「どうしてそこまで謝ることができなくなってしまったのか、
その対象はなぜ私だけなのか。なぜどんどんひどくなってくのか」
と聞いたら
「いや、でも、お前がそんな俺のことを許容しないのが悪いって見方だってできるし」
と返事されたことでした・・。
そのまま別れ話になっても「いや、でも・・」ばっかでした。
絶対このまま別れきります!





反応

  • 申し訳ないが笑ってしまったw
    袖がちぎれて夏向けとかどんだけw
    トゥルーライズのドレスの袖引きちぎってるの思い出したわ

    何とか逃げ切ってね!


  • 素直に謝らないところは確かに良くないが、
    そもそもやってること自体がおかしい
    向こうもわざとじゃないのは転んで服を引きちぎったのくらい


  • うちと一緒だ。
    いつ相手がそういう意味の分からない事を言い出すかと気にしながら一緒に居るのが
    内心めんどくさい。
    何かあるとすぐ強引に人のせいにする意味が分からない。
    そのくせ超適当だし、ちょっと我侭すぎ。
    最近じゃ意味の分からない事言われるのが面倒で会話すら億劫だわ


  •  https://yuzuru.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1313292129/  


    コメントを投稿する

    「えげつない話」の新着記事

    16コメント

    この日のこの瞬間までいじめ倒されてきた私は最後まで許しませんでした

    1コメント

    友人「うちの旦那ちょっと困った人なんだよね♪」→

    1コメント

    交際1ヶ月目の記念日に彼がベトナム出身だということが判明

    0コメント

    意味不明な妄想から攻撃されてかなり怖い思いをした

    0コメント

    赤ちゃんが産まれてから、旦那がかまってちゃんに。

    えげつない話, 聞いて欲しい話」カテゴリの人気記事