大学二年の時にコンパでA子と知り合い付き合うことになった。



wysiwyg_5250cef79e1831c9ac61




投稿者


俺の家はあんまり裕福じゃなく(ぶっちゃけ貧乏)高校を出たら働こうかと思ってた
でも学歴コンプがある親父と教師の強い推しもあり
高校もまじめに通ってたし大学に推薦で入ることになった
正直やりたいこともあったし、その学科に入れたことは素直に嬉しかった
親父もおふくろも手放しで喜んでくれて楽しい大学生活を送ってた
そして大学二年の時にコンパでA子と知り合い付き合うことになった
A子は医療系の専門学生で年は一つ下
見た目は地味だけど明るい甘えたがりで俺はA子が大好きになりドップリハマってた

大学二年も終わりに近づいて自分のゼミを選択する段になって
A子が妊娠した、と言い出した
俺はもてない男だったから大事にしたくて回数も控えめだったし避妊もしてた
でも好きな彼女だったから俺ももう二十歳だしちゃんとしなくちゃ、と
学校をやめて働いて結婚しようと決心した
気が早いせっかちな俺はその思いを胸にA子の両親に妊娠させたことと
責任を取らせてくれと報告しに行った
A子の父は激怒して俺の頭を踏んづけたりされたが謝り倒した
怒られて当然だと思ってた

そして俺の両親にも謝りに行った
お袋は泣いたし、親父は激怒した
そりゃそうだよな、俺も今だからわかる
自分の希望だった子供が大学を立派に卒業するってのを楽しみに
金がないのに学費を出してくれたりしたんだ
親父に猛烈に殴られた、でも俺は謝ることしかできなかった
結局は折衷案として大学は休学して様子を見ろ辞めるなという親父の説得に
俺は甘えることにした

親父はなんだかんだで休学してる間の俺の仕事を探してきてくれた
親父は職人だったから現場の仕事(ALC工って仕事)だったけど
金は結構いいし、学校に復学するためにいずれは辞めるということまで根回ししてくれた
今はもう氏んでしまったけれど親父には俺が氏ぬまで頭は上がらない
2学年が終了すると同時に俺は休学届を出して翌日から働き始めた
本当に仕事はきつかったけれど気のいい人ばかりで俺はA子のために働いていた

でもこのころからA子がおかしくなった
俺は金が貯めたくて実家にいたから最初は毎日のようにA子に会っていたけど
A子が俺に会いたがらなくなった
きっと俺がつかれているから気を使ってくれているんだな、とか俺は思ってた
でも俺は毎日のように電話して、おなかは大丈夫か?とか訊いていた
俺は家庭が欲しかったし、子供が欲しかったからね
正直当時はこのまま仕事をして学校は辞めてしまおうと思ってた

働き始めて2か月くらいたったとき俺はA子の実家に呼ばれた
能天気で気が早い俺はてっきり今後の話をされるもんだと思ってた
気合を入れて仕事上がりに風呂に入って背広を着てA子の実家に向かった
家に入るとA子の両親とA子は待っていた
何故かA子は号泣していて俺はそれを見て、流産してしまったのか?と不安に駆られた
そしてしばらく時間がたってA子の口から出てきた言葉は
妊娠は嘘です、ごめんなさい。だった
俺は意味が分からなかった

A子両親も口々に俺に謝ってる
俺は意味が分からない、俺が最初に口にした言葉は多分
え?ドッキリ?みたいな言葉だった気がする
A子が言うには、俺がどれだけ好きか試したかった、とか
大学で楽しそうな俺がうらやましかっただとかそんなことを言ってたと思う
俺はもうパニックで、意味わかんないからまた来ます
みたいなことを言って家に帰った
家に帰ってたしか笑いながら親父に報告した
妊娠って嘘なんだって、意味わかんねーよなwwwwwww
って感じだったと思う。
きっとあの時俺はアタマおかしかったと思う

親父はポカーンとした後激怒した
大学辞めるって言った時もあんなに怒らなかった
ガキの頃から親父には散々
殴られてきたけどあの時ほど殴られたことはない
で、その時初めて俺は親父にキレた
俺だって意味わかんねーんだよ、なんだよこれ!!
みたいに叫んで泣きながら初めて親父に殴り返した
お袋はただ泣くだけ、親父も冷めたのか喧嘩は止まった
そのまましばらくボーっとして親父と呑んだ
何も話さなかったと思う

それからしばらく仕事は休ませてもらった
何もする気は起きなかったしA子とは会いたくもなかった
もう本当に訳が分からなかったから
A子とA子両親はウチに毎日謝りに来てたみたいだ
でも親父とお袋は取り合わなかったらしい
俺は部屋にこもってずーっとラジオを聞いてた
電気もつけず飯も満足に食べなかった
1週間くらいボーっとし続けて痩せた、で、急に頭の中で何かが閃いた
このままじゃダメだって思えて俺は部屋から出た
とりあえずA子に電話しようと思ったら電話の電池が切れてたのを何故かはっきり覚えてる
で、もうどうでもよくなって電話はそのまま放っておいた

その夜仕事から帰ってきた親父に土下座して謝った
とりあえず来年度から復学する旨を伝えて今年度は働くということ
そしてその給料で学費と生活費を支払うことを両親に伝えた
親父はわかった、と言ってあとはひたすら二人で飲んだ
俺はすぐ潰れて寝ゲロした
お袋が笑泣きしてたのを強烈に覚えてる

携帯は解約して新しい番号にした
近所のおじさんの家に俺だけ引っ越した
なんかやり直したかった
そのあとは宣言通り一年働いて学校に復学した
ダブりってのはきつかった
就職活動とかをはじめとして世間は浪人には優しいけど留年には厳しいことを知った
就職活動で面接のときなぜ休学したのかを必ず聞かれる
俺は自分が馬鹿だから遠回りをしてしまいました、と答えることにしてた
就職氷河期の始まりのころだったけどそんな俺を気に入ってくれる会社があって
なんとか無事卒業できたし希望の職について働いてる
A子はどうしたか知らない、なんか本気で興味がないというか
関わりたくなくなってしまった
きっと実家には来てたりしたんだろうけど親父もおふくろも俺に何も言わなかった

今も俺は独身のままだ
あの一緒に飲んだ時以来、A子のことは一度も会話に上らないまま
親父もおふくろも氏んでしまった
今でも大学を卒業した時、学校なんてものに近寄りもしなかった親父が
俺の卒業式に紋付き袴でお袋と来ていた
そしてただ一言、おめでとうと言ってくれた、お袋は泣いてた
きっとあれが俺ができた最初で最後で最大の親孝行だったんだろう

今だからなんとなく思うのはきっと俺が悪かったんだろうということ
ウソとわからないのもそうだし、信じすぎてしまったのもある
そしてA子に何も言わせず突っ走った俺が悪いんだろう
俺がなんでもさっさとやってしまったからA子は追い詰められてしまったんだろうな
モテない男だから女心を全く理解してなかったんだろう

何故か今はA子に謝りたい、で、俺の人生をそこからやり直したい
A子と因りを戻したいわけじゃないし、人生を後悔してるわけでもない
なんか知らんが謝りたい、あと氏んだ俺の両親にも謝りたい、無理だけど
A子とあんなことがあったせいとは思わないが何故か結婚できない、踏み切れない
そんなままいい年になってしまった
A子に謝らなければ何か踏ん切りがつけられない気がする
彼女は普通に結婚して暮らしているだろうか?
もし俺とのことで傷ついてしまっていたら申し訳なく思う
もうA子のことは好きでも何でもないんだが会って謝りたい
きっと会わないし会えないと思うけど

とりとめがない書き込みをだらだらと申し訳なかった
今日が節目の誕生日だったからふと吐き出したくなった
いい年こいて自分の心ってわからないもんだな
そんな俺があの時A子の心なんてわかるわけがないと反省してる
消えます、女々しい書き込みで失礼した





反応

  • 誰が悪いかは問題じゃなく、
    謝りたいと思ったのなら、反省できたんだからそれでいいんじゃね。


  • 直接本人に謝りたいのは、許して欲しいからだと思う。
    つまり、自分で自分を許してないってこと。


  • 謝るなら、直接自分に謝ればいい。



  •  http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395466957/  


    コメントを投稿する

    「聞いて欲しい話」の新着記事

    23コメント

    この日のこの瞬間までいじめ倒されてきた私は最後まで許しませんでした

    1コメント

    友人「うちの旦那ちょっと困った人なんだよね♪」→

    1コメント

    交際1ヶ月目の記念日に彼がベトナム出身だということが判明

    0コメント

    意味不明な妄想から攻撃されてかなり怖い思いをした

    0コメント

    赤ちゃんが産まれてから、旦那がかまってちゃんに。

    聞いて欲しい話」カテゴリの人気記事